ブライダルネット中高年のブログ | 東京で50代60代70代中心の中高年/熟年/シニア婚活パーティー・お見合いパーティーならブライダルネットへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2018年12月01日 [マッチング後エピソード]

プロローグ「博さん京子さん」1

真里「ねえお母さん、中高年向けの婚活パーティっていうのがあるんだって。お母さん行ってみたら?」

京子「え?」

娘の真里が母京子さんにそう言ったのが、
中高年婚活パーティのブライダルネットワークに来るきっかけだったそうです。

今回の方は、
斉藤京子さん(仮名・埼玉県)50代の女性の方。

女子校育ちで、女子短大卒。
おっとりしていて、子供は25歳になる真里さん一人。


京子「ええ、そんなの・・・お母さんどうしていいか分からなくなっちゃうし、いいわよ。」

真里「そんなに心配することないって。私もそろそろ婚活でもしようかな〜ってネット見てたら、たまたま見つけたんだけどさ。良さげじゃない?」

京子「でも・・・」

真里「お母さん、今までいい人が現れても私がいたから遠慮してたでしょう?もう私も就職して独り立ちしたし、そろそろ自分のことを考えてもいいんじゃない?」

京子「真里・・・。そ、そうねえ。考えておくわ。」

真里「そうやって考えておくって言って、そのままにするのがお母さんなんだから。日曜日に池袋でパーティを開催しているらしいから、申し込みしておくわね。」

京子「ちょ、ちょっと!そんな勝手に・・・。申し込みなら、お母さん自分でやるからいいわよ。」

真里「はい。じゃあこれ申し込みの電話番号ね。」

と、手書きのメモを京子さんに渡しました。
随分と積極的な真里さんに押されるような形で、京子さんはメモを受け取ります。

真里「日曜日ならお母さんパートも休みでしょう。楽しいかもしれないわよ〜。」

京子「じゃあ・・・試しにどんなものか一回だけ行ってみることにするわ。」

そうして、京子さんは池袋で開催されている、中高年婚活パーティのブライダルネットワークに参加することになったのです。


<続く>


PageTop