ブライダルネット中高年のブログ | 50代60代70代中心の婚活パーティーならブライダルネットへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2018年02月19日 [出会いの思い出]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
田中哲二さん(仮名・埼玉県)60代の男性の方と、三浦加代さん(仮名・千葉県)50代の女性の方。

哲二さんの行きつけの「居酒屋てっちゃん」に来たお二人。
ところが食事の注文をする前に、

加代「私、帰ります」

哲二「えっ?」

加代さんは帰ると言い出しました。

哲二「何で?どうしたの?」

加代「・・・・」

哲二さんのオススメな居酒屋の雰囲気も好きになれなければ、料理のチョイスも加代さんの趣味とは違います。

「私やっぱりこの人とは合わないわ」
加代さんは瞬間的に、そう感じたと言います。

合わないと分かっててズルズルと時間を共有するよりは、すんなり帰ったほうがお互いのためじゃないかしら、と思った加代さんでしたが、
しかし、流石にお店に入ってドリンクを注文した早々に席を立つというのもどうなんだろうか、と思いました。

哲二「帰るってどういうこと?」

加代「あの・・・用事があったことをすっかり忘れてて・・・」

大将「はいよ!ウーロン茶と生ね!料理の注文は決まったかい?」

その時、いいタイミングか悪いタイミングか、大将がドリンクをテーブルに持って来ました。

哲二「あ・・・料理はまだ決まってなくて。あとで」

大将「おう。モツ煮はいつでもスタンバイできてるぜ〜!食べたい時いつでも言ってな。じゃあ、田中ちゃん、それと・・・えーと加代ちゃん、グラスを持って!」

加代「え?え?」

大将「はい!本日も1日お疲れ様でした!カンパーイ!」

大将の音頭で、半ば無理やり乾杯をすることとなった哲二さんと加代さん。

そしてそのままグラスに口をつけ一口飲んで、グラスをテーブルに置くと、途端にもの凄く帰りにくい雰囲気になってしまいました。


<続く>


2018年02月11日 [出会いの思い出]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

夜に恒例となって来た電話をしているお二人。

義明「うーん・・・それじゃあ」

幸子「それじゃあ?」

義明「今度の日曜は、俺の考えたプランでデートでもいいかな?」

幸子「もちろん」

義明「じゃあ、待ち合わせは◯◯駅でいいかな。ちょっと幸子さんには遠いかな」

幸子「そんなことないわ。じゃあ、楽しみにしてるわね」


そして、待ち合わせ当日の日曜日。

旅行に行った時ぶりに義明さんに会うので、幸子さんはちょっとドキドキしています。

幸子(買ったばかりの洋服を着てきちゃった・・・。はしゃいでるかしら私。それにしても、この駅、久々に降りたわ。懐かしい・・・)

義明「お!お待たせ。早いね」

ほどなくしてやって来た義明さん。

何度も会ってすっかり見慣れたはずの義明さんなのに、
不思議と幸子さんのドキドキした心のフィルターがかかったみたいに、久々に会えたような新鮮ささえ感じます。

幸子「今日はどこに行くのかしら?」

義明「俺に任せてくれるって行ったからね。とりあえず付いて来てもらおうかな」

歩き始めた義明さんに幸子さんは付いて行きました。

幸子「ここも随分変わったわねえ。前はこんな駅ビルなんてなかったのに」

義明「そうだなあ。あ、ここにあった空き地は今はマンションになったんだな」

幸子「本当!随分、雰囲気変わったわね。あそこのコンビニも昔は無かったものね」

懐かしい話で会話が弾みます。

幸子(あ、もしかして・・・。そうか、この駅って・・・!)


<続く>



2018年01月29日 [出会いの思い出]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

晩御飯を部屋で食べていて、お酒に酔って布団に倒れこむように寝始めてしまった義明さん。

幸子「う・・・嘘でしょう〜〜〜!?」

義明「スー・・・スーー・・・」

寝息を立てて、本格的に寝に入っている義明さんを見て、呆然とする幸子さん。

幸子(初めての2人での泊りがけ旅行なのに、まさか先に寝てしまうなんて!しかもまだ時間も寝るには早くない?し、信じられない・・・)

すごく余裕に見えた、それまでの義明さんの大人の態度でしたが、

幸子「もしかして、単純にそういう気が無かったってだけ?緊張もしてなければ、元々先に寝るつもりだった?私のことどう思っているのかしら・・・。どういうつもりで旅行に誘ってくれたのかしら?」

幸子さんはどんどん義明さんに対して、不信感が募ってきました。
と、同時にどんどん腹も立ってきましたし、
そもそもなんで2人で旅行しているのか・・・心がモヤモヤしてきます。

幸子(もう、本当に義明さん、信じられない!昨日も今日も・・・私のドキドキしていた気持ちとか、何かと考えて不安だった気持ちとか、全部踏みにじられた気分だわ。もう最悪。)

義明「スー・・・スーー・・・」

腹が立って義明さんを見ても、起きる気配は一向に見られません。

幸子「もう知らない!私も寝るわ」

酔って寝に入った義明さんを尻目に、隣の布団に入り横になる幸子さん。

まだ寝るには多少時間も早かったというのと、なんだかイライラしてなかなか眠りに入れなかった幸子さんでしたが、そのままフテ寝することに。

そしてそのまま朝を迎えてしまったのです。


<続く>




2017年01月31日 [出会いの思い出]
こんにちわ。
ブライダルネットワークスタッフです。

中高年のお見合いパーティを開催している当社では、日々色んな出会いが生まれています。

今回は次郎さん(仮名・埼玉県)70代の方のお話です。

次郎さんは囲碁が大好きな方でした。
自宅には立派な囲碁盤や碁があり、昔はよくお友達と囲碁を楽しんでおられたそうです。

奥さまもおられましたが、お子さんが独り立ちをキッカケに離婚されたそうです。

しかし、二郎さんには囲碁があり、お友達との繋がりもあり、それほど寂しさは感じなかったそうです。

でもあるとき、一番の囲碁仲間のお友達が他界されたそうで、とても悲しく残念な思いをされました。
「囲碁をしよう」と他のお友達に声をかけてみても

「今は孫と一緒に囲碁を楽しんでいて・・・。週末も孫と勝負をする予定なんだ」
とお断りされたり、それぞれ家族もあって、なかなか対戦することが出来ず、お一人で棋譜などを見たり打ったりして過ごされていたようです。

そんな時知った当社のブライダルネットワークの中高年お見合いパーティ。
「日曜日も予定はないし、行ってみるか」と、軽い気持ちで参加されました。

何巡目かでのテーブル移動でお話されたのが加代さん(仮名・東京都)でした。
次郎さんはそれまでも自分が囲碁が大好きであるとお話されていましたが、女性の皆さんは「私は囲碁はちょっと分からなくて」とおっしゃりましたが、
加代さんはたまたま囲碁をやっておられました。

「亡くなった主人が囲碁が大好きだったんです。だから私も始めてみようかと今囲碁教室に通ってまして。素人なんですが少しならわかりますよ」

次郎さんはすっかり嬉しくなってしまって、囲碁のお話で盛り上がりました。

そして、二郎さんと加代さんは、囲碁の先生と生徒という形で頻繁にお会いし、楽しんでおられるようです。

囲碁を通じてお二人はマッチングしたのですね!

今は先生と生徒状態のようですが、お二人で楽しく勝負できる日が来るといいなと、スタッフ一同暖かく見守っていますよ!

2016年12月21日 [出会いの思い出]
こんにちわ。
ブライダルネットワークスタッフです。

中高年のお見合いパーティを開催している当社では、日々色んな出会いが生まれています。

今回は真理子さん(仮名・東京都)40代の方のお話です。

真理子さんは、お友達の女性、陽子さん(仮名・千葉県)40代の方と一緒に参加されました。
陽子さんが当社ブライダルネットワークの中高年お見合いパーティの広告を見て真理子さんを誘ったそうです。

「私一人だと不安だから一緒に来て欲しい」というお願いに、真理子さんがしぶしぶ一緒に参加したかたちでした。

真理子さんも陽子さんもバツイチ同士で、お子さんは20代。

環境も似ていたのもあり、とても仲が良かったお二人ですが、一回目の中高年お見合いパーティでは、乗り気だった陽子さんが丸印を多くもらう結果となり見事マッチングをされました。
(当社の中高年お見合いパーティでは気に入った方、お付き合いしたい方に最大5名まで丸印を付けてお互いがつけていたらマッチングとなります)

真理子さんは乗り気じゃなかったというか、連れてこられたからという気持ちでお話をされていたのが、お相手の男性にも透けて見えてしまっていたのかもしれません。

陽子さんは、マッチングした男性とデートに行かれたり、映画に行かれたり、とても楽しそうです。

真理子さんは陽子さんにそのお話を聞いて、ずっと、同じ環境なのだと思っていたのに、なんだか置いて行かれたような、自分とは違う環境に行ってしまったような気分になって、心の距離を一方的に感じてしまったそうです。

なんだかもやもやした日々を過ごす真理子さん。
私にもパートナーがいれば、という思いで再び当社ブライダルネットワークの中高年お見合いパーティに参加されました!

今度は、連れてこられたわけではなくご自身の思いで参加を決意した真理子さんは、たくさんの男性とお話をされたそうです。

しかし、思うようなお相手はおらずマッチングはならず・・・。

すると陽子さんから
「マッチングした男性とはデートを重ねていると、ちょっと合わないことが分かったから、お別れしちゃった!新しい出会いのためにまたブライダルネットワークの中高年お見合いパーティに二人で参加しない?」
という連絡が!

「しょうがないなあ。じゃあ一緒に行ってあげる」
というお返事をしたらしい真理子さん。

すると今度は、真理子さんが見事マッチング!

マッチングをお伝えすると「お相手の男性とはこれから交際スタートですが、陽子にこれからを話すのが楽しみです」と笑いながらおっしゃってました。

お二人とも、素敵なパートナーを見つけてお友達同士で見事マッチングし、素敵な交際をされるといいですね!

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop