ブライダルネット中高年のブログ | 50代60代70代中心の婚活パーティーならブライダルネットへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2016年12月07日 [出会いの思い出]

中高年お見合いパーティでは皆さん最初は緊張しますよね

こんにちわ。
ブライダルネットワークスタッフです。

中高年のお見合いパーティを開催している当社では、日々色んな出会いが生まれています。

今回は洋次さん(仮名・神奈川県)50代の方のお話です。

洋次さんは控えめな男性で、ご自分から女性に声をかけたり、お誘いしたりすることが苦手な男性でした。
当社ブライダルネットワークの中高年お見合いパーティに参加されたのは、お母様の勧めだったようです。

「もうそろそろ孫の顔でも見せて欲しい。私が元気でいるうちに」と、当社を紹介されたそうです。
初参加の洋次さんは、なにをどうすればいいのかさっぱりわからない状況での参加となりましたが、
最初に中高年お見合いパーティの内容や流れを説明する時間が御座いますので、それでちょっと一安心されたようです。

しかし、流れはわかったものの、お話をするキッカケはどうしたらいいのか・・・。
もじもじしていると女性は他の男性とお話をしてしまったりして、なんだか上手く行かなかったようで、すっかり自信をなくしてしまいました。

そんな何巡目かのタイミングの時。
(当社の中高年お見合いパーティでは、時間ごとに区切ってテーブルを移動することにより、お相手を変えてお話して頂きより多くの出会いを提供しています)

ある女性の方から積極的にお話をされてきました。
声をかけてくれたのは嬉しかったのですが、何を話せば良いのかわからなくなってしまい、相槌を打つだけになってしまいました。

すると女性の方が「もしかして初めての参加ですか?」と聞いてきて、
洋次さんは「何を話せば良いのかわからなくて。自分からもお話をするのもためらわれて」
と心境をお話になりました。

すると女性の方は「私も最初はそうでしたよ。でも私も何度も参加しているので、今ではもうすっかり初対面の方と話すの慣れました!こういうのは慣れですから」
とニッコリとアドバイスされました。

そういうものなのか、と内心ホッとしたといいます。

最初はみんな緊張するものなのだな、と思い出来る限り頑張ろうと思い、最後までたくさんの女性の方とお話をしてみたそうです。

洋次さんはアドバイスをくれた女性の方に丸印をつけたのですが
(当社の中高年お見合いパーティでは気に入った方、お付き合いしたい方に最大5名まで丸印を付けてお互いがつけていたらマッチングとなります)

残念ながらマッチングには至りませんでした。

その女性の方も何度も参加されていた方だったので、もしかしたら「自分なりの男性に対しての強いこだわり」などがあって、合致しなかったのかもしれません。

そういうことは大変よくあることなので、気に病むこと無く再びチャレンジして頂ければ良いのです!

洋次さんは、その後も再び中高年お見合いパーティに参加申し込みをされました。
「次はちゃんと自分から声をかけてみます!」と気合の入っていた洋次さん。

うまくいくことを当社ブライダルネットワークの中高年お見合いパーティでは応援していますよ!
ファイト!


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop