ブライダルネット中高年のブログ | 50代60代70代中心の婚活パーティーならブライダルネットへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2016年11月02日 [出会いの思い出]

中高年お見合いパーティ中にお写真を撮らせて頂く理由とは

こんにちわ。
ブライダルネットワークスタッフです。

中高年のお見合いパーティを開催している当社では、日々色んな出会いが生まれています。

今回は春子さん(仮名・千葉県)50代の方のお話です。

春子さんは写真嫌いな方でした。
昔、自分の写真写りに辟易とされた思いがあるらしく、写真撮影のときなどは極力避けてきたとのことです。

当社ブライダルネットワークの中高年お見合いパーティでは、開催中にお話中のお二人の写真を撮らせていただきます。

その理由としては、マッチングした際に「〇〇さんとマッチングしました」とお伝えしても「〇〇さんって・・・どなただったっけ?」とお名前で覚えておられない方が多いからなのですね。

初対面でお話をして、お名前で全ての方を覚えている方って少ないですよね。
お顔を見たら分かるのに・・・。そういうお声からお写真を撮らせていただいております。

そのご説明は中高年お見合いパーティの最初にさせていただいているのですが、遅れてしまって途中参加された方はそのことを聞いていないので、「なんで写真を撮るの?」と不満をもたれる場合もございます。

しかし、そのお写真はマッチングでのお顔確認のためだけに使用しますので、どこかに使われたりインターネットにアップされたりすることは全くございません。

春子さんも遅れてきた方で、その説明を聞かれていませんでした。
なので、スタッフが写真を撮ることに「なんで勝手に写真を撮るの?」とすごく不信感を持たれたようで、スタッフが来るたびにお顔を隠していました。

春子さんはマッチングをされたのですが、お相手の男性、康さん(仮名・東京都)50代の方が春子さんのお名前を覚えていませんで、「4人の女性に丸印を付けたのでその中のどなたか思い出せません」ということで、春子さんとのツーショットの写真をフタッフが見せたのです。
(当社の中高年お見合いパーティではお付き合いしたい方最大5人までに丸印をつけて、お互いが丸印をつけていたらマッチングとなります)

すると、春子さんが写真を避けて隠していたものですからお顔が写っていませんでした。

康さんはたまたま「毎回お顔を隠す女性だな」と印象に残ってましたので、「ああ、あの方ですね」と分かったのですが、お顔が映っていないことで、どなたか思い出せずマッチングにならなかった方もいらっしゃるのです。

春子さんにお伝えしたところ、「最初のお話を聞いていなかったので、写真の大事さを分かってませんでした。気づいてもらえて良かったです」とマッチングを喜んでおられました。

中高年お見合いパーティでのお写真は、お名前が覚えられない方のためのものですので、ご理解いただき楽しく参加していただきたいと思います。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop