ブライダルネット中高年のブログ | 中高年齢向けの婚活パーティーならブライダルネットへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2018年01月31日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

旅行先で寝てしまった義明さん。翌朝慌ててフォローを入れますが・・・。

幸子「いいのよ。私がなんだか勝手に舞い上がっていただけだから・・・」

義明「いや、舞い上がっていたのは俺もなんだ。正直ちょっと、いや、かなり緊張してしまって・・・。こんなことをいうのも恥ずかしくてアレなんだが」

幸子「・・・何?」

義明「いや、その・・・。」

幸子「なんなの?」

ハッキリしない義明さんに幸子さんは苛立ちを見せます。

義明「実は、俺・・・・あまり経験がないというか、恥ずかしながら自信がなくて・・・」

幸子「え?」

義明「確かに、以前俺は結婚していたんだけど、前にも話したように年の離れた姉さん女房だったから、子どものこととか割と最初から諦めていて。それもあって、殆どそういうのが無くて・・・」

幸子「・・・」

義明「妻が亡くなって20年以上、まるで女っ気も無かったからご無沙汰というか、正直どうやってそういう空気に持っていけばいいのかも、もう忘れちゃったよ。ははは」

幸子「そうだったの・・・。」

義明「だからお酒の力を借りたら緊張もほぐれるんじゃないかと思ったんだけど、どうもダメだね。酒飲んで、逆に飲まれちゃったよ」

幸子「私も、実は・・・同じ感じなの。経験がほとんどなくて。それこそ自信も全然ないわ。私がそんなだから、義明さんが見向きもしてくれてないんだと思って、すごく悲しかったの。でもそうじゃないって分かって良かったわ。」

義明「いや、見向きもしないなんてそんなことは!気軽に旅行に誘ってみたはいいけど、実際そこから先どうしたらいいのか・・・俺こそスマートに出来なくて、嫌われないかヒヤヒヤものだったさ」


<続く>



2018年01月30日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

泊りがけ旅行で酒に酔って早々に寝てしまった義明さんが目が覚めたのは、すっかり朝でした。

義明「あれ!?・・・・ご、ごめん!」

「ああ、よく寝た」みたいな顔をして起きて、周りを見渡ししばし状況を把握する時間があり、
その後、昨夜のことを思い出したのち、すでに目が覚めて起きている幸子さんが窓際に座っているのを見て、
開口一番に出た義明さんの言葉がそれでした。

幸子「おはよう。・・・よく寝ていたわね」

なるべく笑顔で言ったつもりでしたら、昨夜のフテ寝の影響か、どうしても嫌味っぽくなってしまいます。

その雰囲気を義明さんも察しているようで、

義明「あの・・・昨夜はなんだかすまんね。すっかり酔って寝てしまったよ」

幸子「そうみたいね。随分ぐっすり寝ていて起きる気配もなかったものね」

そして気まずい空気と無言の時間が流れます。

義明「いや、普段はそんなに飲まないんだけどさ。美味しいお酒でつい進んでしまって。まさか酔って寝てしまうなんて、ねえ・・・」

幸子「どうせ私なんて一緒に居ても寝ちゃうくらいの価値しかないですもんね」

義明「え?どう言うこと?」

幸子「どうもこうも・・・私なりに決心して旅行に来たのに・・・」

言って、ハッとしました。
しまった、私何言っているんだろう。ついカッとして余計なこと口走っちゃった。

義明「あ、ああ・・・ええと、その、なんだ。幸子さんが別段どうこうと言うわけじゃないんだ。本当にただ酔ってしまって。」

義明さんは幸子さんの言い分を察したようで、慌ててフォローを入れました。

<続く>

2018年01月29日 [出会いの思い出]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

晩御飯を部屋で食べていて、お酒に酔って布団に倒れこむように寝始めてしまった義明さん。

幸子「う・・・嘘でしょう〜〜〜!?」

義明「スー・・・スーー・・・」

寝息を立てて、本格的に寝に入っている義明さんを見て、呆然とする幸子さん。

幸子(初めての2人での泊りがけ旅行なのに、まさか先に寝てしまうなんて!しかもまだ時間も寝るには早くない?し、信じられない・・・)

すごく余裕に見えた、それまでの義明さんの大人の態度でしたが、

幸子「もしかして、単純にそういう気が無かったってだけ?緊張もしてなければ、元々先に寝るつもりだった?私のことどう思っているのかしら・・・。どういうつもりで旅行に誘ってくれたのかしら?」

幸子さんはどんどん義明さんに対して、不信感が募ってきました。
と、同時にどんどん腹も立ってきましたし、
そもそもなんで2人で旅行しているのか・・・心がモヤモヤしてきます。

幸子(もう、本当に義明さん、信じられない!昨日も今日も・・・私のドキドキしていた気持ちとか、何かと考えて不安だった気持ちとか、全部踏みにじられた気分だわ。もう最悪。)

義明「スー・・・スーー・・・」

腹が立って義明さんを見ても、起きる気配は一向に見られません。

幸子「もう知らない!私も寝るわ」

酔って寝に入った義明さんを尻目に、隣の布団に入り横になる幸子さん。

まだ寝るには多少時間も早かったというのと、なんだかイライラしてなかなか眠りに入れなかった幸子さんでしたが、そのままフテ寝することに。

そしてそのまま朝を迎えてしまったのです。


<続く>




2018年01月28日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

旅館の晩御飯に舌鼓を打つお二人。
義明さんはグイグイお酒を飲んですっかり酔っているようだが・・・。

幸子「義明さん、かなり早いペースで飲んでいるわね。大丈夫?」

義明「だーいじょうぶ!酒も美味いからスッスッと入っちゃうよ。」

そしてしばらくすると義明さんの目がトロンとして来て

幸子「目がショボショボしてない?ちょっとお水でも飲む?」

義明「心配ないさあ。美味い酒と幸子さんにウットリしてるのさ!でへへ」

幸子「まあ!」(これはかなり酔っ払っているわね・・・)

晩御飯を食べ終わって片付けをしてくれた仲居さんは、そそくさと布団を引いてくれました。

布団を引いてくれている間も、お酒を片手に窓辺で飲んでいる義明さん。
幸子さんはその隣でお茶を入れて飲んでいました。

義明「もうビールもいらないの?やっぱり一緒に酒でも飲む?」

幸子「・・・いらないわ。ああ、お茶が美味しい。」

窓辺からはポツポツと夜景が見えて、大きな丸い月が美しく光を放っていました。

幸子「今夜は月が綺麗ね。月ってこんなに大きかったかしら。なんだか夜景も・・・」

幸子さんが話していると目の前に座っていた義明さんが静かに寝息を立て始めました。

義明「スーー・・・スーーー・・・・・」

幸子「えっ?義明さん?寝ているの?ちょっと・・・」

部屋の中にはもうキッチリと敷き終わった布団が横たわっています。
幸子さんは布団と義明さんを交互に見て、

幸子「あの、布団に・・・」

幸子(まさか私が布団に促すことになるなんて・・・まさか本当にこのまま寝てしまうんじゃないわよね。)

義明「ん?ああ・・・」

ちょっと目を覚ました義明さん。
そのまま布団にヨタヨタと歩いて行って・・・

バタン!と布団に倒れこむように、そのまま寝てしまいました!


<続く>


2018年01月18日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

初めての2人で鎌倉一泊旅行。大浴場から部屋に戻った幸子さん。

幸子「はあ、良いお湯だった・・・あら?」

部屋の中はシーンとしています。どうやらまだ義明さんは戻ってきていないようです。

幸子(私も長風呂になりがちだからちょっと気にして出て来たけど、結局メイクもし直していたからだいぶ遅くなっちゃったと思いきや・・・義明さんの方が遅いなんて。ちょっとビックリだわ)

義明「あー!気持ち良かった!」

幸子「あ、義明さん。ちょうど私も今戻ったところで」

義明「いやあ、長風呂し過ぎないように気をつけなくちゃって思ってたんだけど、露天風呂が気持ち良くって、思わず寝てしまってねえ、ははは。結局こんな時間になっちゃった。」

幸子「え?寝ちゃったの?」

幸子(私は気が気でなかったのに、全然気にしてなかったのかしら?緊張とかしないのは慣れているから?大人の男性なんだから、まあ当たり前か・・・。経験の少ない私なんかとは違うのだわ。)

その後、部屋に夕食が運び込まれて来ました。
小鍋のすき焼きや、刺身、天ぷら・・・とっても豪華なラインナップです。

義明「これは美味しそうだなあ!お酒が進んでしまいそうだよ」

幸子「本当に!あら、この煮付けも美味しい〜!」

義明「幸子さんもビールをどうだい?」

幸子「私はあんまり飲めないので。じゃあ・・・ちょっとだけ。普段飲まないからすぐ酔ってしまいそうだわ」

義明「大丈夫、大丈夫。俺がいるから、安心して任せて。どうぞどうぞ」

幸子さんは、その言葉にドキッとしました。
俺がいるから?任せて?そういう意味なのかしら・・・?

幸子(気兼ねなく酔っちゃって良いよって事だとは思うけど、なんだか意味深に考えちゃうわ。)

義明「ああ、美味い。俺はビールから、日本酒にしようかな。幸子さんも日本酒飲むかい?」

幸子「いえ、私は日本酒はちょっと飲めないから遠慮しとくわ」

義明「美味い料理と美味い酒。温泉であったまった体に染みて・・・あ〜良い気分だ!」

幸子さんが気がつくと、義明さんはなかなか早いペースでお酒を飲んでいてすかり上機嫌になっていました。

幸子(かなり酔っ払ってる?こんなに酔ってるの初めて見たかも・・・。)

<続く>



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop