ビジネスブログ | 中高年齢向けの婚活パーティーならブライダルネットワークへ!

ブライダルネットワーク
中高年お見合いパーティー
ブログ
2018年01月18日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

初めての2人で鎌倉一泊旅行。大浴場から部屋に戻った幸子さん。

幸子「はあ、良いお湯だった・・・あら?」

部屋の中はシーンとしています。どうやらまだ義明さんは戻ってきていないようです。

幸子(私も長風呂になりがちだからちょっと気にして出て来たけど、結局メイクもし直していたからだいぶ遅くなっちゃったと思いきや・・・義明さんの方が遅いなんて。ちょっとビックリだわ)

義明「あー!気持ち良かった!」

幸子「あ、義明さん。ちょうど私も今戻ったところで」

義明「いやあ、長風呂し過ぎないように気をつけなくちゃって思ってたんだけど、露天風呂が気持ち良くって、思わず寝てしまってねえ、ははは。結局こんな時間になっちゃった。」

幸子「え?寝ちゃったの?」

幸子(私は気が気でなかったのに、全然気にしてなかったのかしら?緊張とかしないのは慣れているから?大人の男性なんだから、まあ当たり前か・・・。経験の少ない私なんかとは違うのだわ。)

その後、部屋に夕食が運び込まれて来ました。
小鍋のすき焼きや、刺身、天ぷら・・・とっても豪華なラインナップです。

義明「これは美味しそうだなあ!お酒が進んでしまいそうだよ」

幸子「本当に!あら、この煮付けも美味しい〜!」

義明「幸子さんもビールをどうだい?」

幸子「私はあんまり飲めないので。じゃあ・・・ちょっとだけ。普段飲まないからすぐ酔ってしまいそうだわ」

義明「大丈夫、大丈夫。俺がいるから、安心して任せて。どうぞどうぞ」

幸子さんは、その言葉にドキッとしました。
俺がいるから?任せて?そういう意味なのかしら・・・?

幸子(気兼ねなく酔っちゃって良いよって事だとは思うけど、なんだか意味深に考えちゃうわ。)

義明「ああ、美味い。俺はビールから、日本酒にしようかな。幸子さんも日本酒飲むかい?」

幸子「いえ、私は日本酒はちょっと飲めないから遠慮しとくわ」

義明「美味い料理と美味い酒。温泉であったまった体に染みて・・・あ〜良い気分だ!」

幸子さんが気がつくと、義明さんはなかなか早いペースでお酒を飲んでいてすかり上機嫌になっていました。

幸子(かなり酔っ払ってる?こんなに酔ってるの初めて見たかも・・・。)

<続く>



2018年01月16日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

鎌倉に一泊旅行に来ています。


幸子「わあ〜!大浴場広いじゃない。露天風呂もあるわ。あら、露天風呂からの景色とっても素敵ね〜〜!」

幸子さんは温泉にウキウキ大満足です。

幸子「これは間違いなく長風呂してしまうわ・・・」

体を洗っている時にふと幸子さんの頭によぎったのは今夜のこと。

幸子(いつもよりしっかり体を洗った方がいいかしら・・・。)

自らの腕や脚を眺めては触り、
幸子(無駄毛は剃ってきたつもりだけど剃り残しとか無いかしら・・・)

今度は顔を触り、目の前の鏡を覗くとスッピンの自分の顔。

幸子(しっかり老けているわ・・・。スッピンはキツイわよね、今まで義明さんに見せた事もないし、お風呂上がりにメイクは、し直したほうがいいわね・・・。)

幸子「はあ」

思わずため息を連続してしまいます。

幸子(もう若い頃と違うんだから。でも昔みたいにドキドキするものなのね。私自身が若くなれればいいのに・・・。)

もう洗い残したところは無いかしら?と再度確認しつつ、足の爪の間までしっかりとボディタオルでこすったらお湯をかけて、露天風呂に入ります。

幸子「ああ〜〜いい気持ち。いつもより念入りに洗ったからか、なんだか体も心もスッキリした気分ね。お湯上がって部屋に戻ったら晩御飯が用意されているのかしら。そして夕食を食べたら、その後は・・・」

思わず想像して、ブンブンを首を横に振ります。

幸子(その時は、その時。義明さんがその気があるか分からないし・・・。そうなった時は、任せるだけよ)

風呂上がりの幸子さんは、落としたメイクをもう一度、
今度は薄めにやり直してから部屋に戻りました。

<続く>


2018年01月11日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

旅の途中の電車の中では
幸子さんの焼いて来た手づくりパンを食べながら、色んなトークに花を咲かせていたお二人。

そうこうしているうちに・・・・


義明「よし!着いたなーー!」

幸子「結構あっという間だったわね」

義明「予約してる旅館に向かおうか。ご案内しましょう、お嬢様」

幸子「まあ、そんな年じゃないわよ・・・お嬢様だなんて・・・うふふ。」

恥ずかしがりながらも、幸子さんはまんざらでもなさそうに、とても嬉しそうにしています。
義明さんの道案内で、駅からバスに乗って旅館に向かいます。


義明「ここだ。なかなかいい雰囲気の旅館でしょう」

幸子「本当に!昔ながらのって感じで、趣があるわあ」

仲居さん「いらっしゃいませ。お部屋へご案内しますね。こちらです。」

義明「お!窓からの眺めがすごくいいなあ」

仲居さん「お風呂は大浴場が3階にございます。お食事はお部屋にお持ちしますね。」

仲居さんが部屋から退室した後、二人はひとしきり部屋を見て、
幸子さんが入れたお茶を、お茶受けのお菓子を食べながらホッと一息つくと

義明「晩御飯の前にひとっ風呂、浴びてこようか。」

幸子「いいわね。そうしましょう。大浴場は3階だったわよね。」

義明「俺けっこう長風呂だから、晩御飯までに間に合うように気をつけるよ」

幸子「そんなに?あはは。わたしも温泉だと長風呂になりがちだから、気をつけなくちゃ。」

義明さんは旅館の浴衣を着て、着替えの用意とタオルを小脇に抱えると、

義明「じゃ、用意出来たから先に行くね」

幸子「分かったわ。わたしも後から3階に行くわ」

義明さんが部屋を出たあと、幸子さんは荷物をゴソゴソと出したりしまったり。

幸子「お風呂に入った後の着替えの下着をどうするか・・・真剣に考えたほうがいいわよね。服は浴衣を着るから・・・。下着の色が濃いと透けてしまうかしら。一応いくつか用意してきたけど、一体どれにしようかしら・・・?」


なんでこんなことで迷って悩んでいるのかしら?と久々の感覚に自分自身、不思議な気分になる幸子さんでしたが、

幸子「もういいわ、これで・・・。あまり考えすぎてもね。早くお風呂に行ってこようっと。」
<続く>



2018年01月07日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

そうして二人とも楽しみにしていた初旅行の当日となりました。

義明「お待たせ!じゃあ行こうか。」

幸子「ええ、よっこいしょっと。」

義明「荷物多いねえ。俺が持つよ。あ、これがパンか!まだほんのりあったかいね。わあ、いただくのが楽しみだな」

幸子「今日焼いたばかりだから焼きたてよ。行きの電車かバスの中で食べられそうだったら一個食べてみて。」

義明「早速、今食べてみてもいいかい?」

幸子「え?今?いいけど・・・」

駅のホームで電車を待ちながら、
義明さんは、幸子さんの荷物の中からビニール袋に入ったパンを一個取り出して
その場でパクッと食べました。

義明「わあ!これは美味い!中にソーセージが入ってるね。」

幸子「今食べたのはウインナーロールよ。他にも3種類くらい焼いてきたのよ」

義明「パンの生地がモチモチしてて凄く美味い!さすがプロ仕込みの幸子さんのパンだなあ!」

幸子「まあ、大げさよ。」

朝から早起きして頑張って焼いてきてよかった!と幸子さんは思いました。

誰かに食べてもらって「おいしい!」と言われた時が、
パンを焼く時に、幸子さんにとって一番嬉しい瞬間です。

義明「お、電車が来たね。乗ろうか。」

いよいよ2人の鎌倉行きお泊まり旅行スタートです。
電車の席について荷物を下ろすと、

幸子(なんだかドキドキするわ。いえ、意識しすぎよね・・・。)

義明「幸子さん」

幸子「は、はいっ?」

義明「もう一個パン食べていい?」

幸子「あはは。どうぞ、もちろん。」

義明「へへ。急に食いしん坊になっちゃったなあ。これからはご飯よりもパン派になっちゃそう」

幸子「ふふふ。」

幸子さんはニコニコしてとっても嬉しそうです。
<続く>



2018年01月02日 [マッチング後エピソード]
中高年お見合いパーティで出会って見事マッチングを果たした、
鈴木義明さん(仮名・東京都)60代の男性の方と、高橋幸子さん(仮名・神奈川県)50代の女性の方。

同僚の吉田さんに旅行の相談をしていた幸子さん。


幸子「結局どうしたらいいのかなんて明確な答えは分からなかったなあ・・・。まあ、人として必要最低限のことはしておいたほうがいいってのは分かったけど。」

そうこう心配しているうちに旅行前日の木曜日になりました。
今夜は明日からの旅行について、義明さんと幸子さんが電話をしています。

義明「・・・ということで明日は、夕方くらいに鎌倉に着いて、そこから旅館に移動して、旅館の晩御飯という感じなんだけど、大丈夫かな?食べたいリクエストとか他にあった?」

幸子「いえ。旅館でのご飯大好きなの。外食よりものんびり出来るし。楽しみだわ。」

幸子さんの言葉には嘘はありませんでした。
久々の旅行。近場の鎌倉ですが、とってもワクワクしています。

ただ一つ、泊まりの夜のことだけが心配なだけで・・・。


義明「だから待ち合わせは15時半くらいかなと思っているんだけど、幸子さんはそれで大丈夫?もう少し遅いほうがいいかな?」

幸子「私は何時でも・・・あっ、パンね。ええと、焼きあがってから粗熱を取って・・・15時半の待ち合わせで大丈夫だと思うわ。ええ」

幸子(パンのことすっかり忘れていたわ・・・。そういえばそもそも、私の手作りパンが食べたいっていう話からこの旅行の話も浮上してきたのよね)

義明「じゃあ、15時半に駅前で。待ち合わせ駅から1時間とちょっとの電車の乗り換えで鎌倉には着く予定だから。」

幸子「すごく楽しみね。じゃあまた明日ね。」


電話を切った後、幸子さんは

幸子「結局、早起きすることになりそう〜〜〜〜」

だって、お昼頃からのんびり焼こうと思っていたけど、15時半待ち合わせなら14時半には出発しないと・・・。
メイクもヘアセットもしなくちゃだし、どう考えてもお昼から焼き始めていたら間に合わないわ。

幸子「こりゃ、朝から焼き始めないといけないわ・・・。旅行の準備もしなくちゃ」
<続く>



PageTop